高齢者の心を大切に

高齢化社会において、高齢者介護は重要な問題となります。高齢者介護において、何が大切なのでしょうか。死は、その人の長い人生が終わる瞬間です。残りの人生をその人らしく充実した人生を送り、その人がこれまでの人生を良かったと思えるような支援をすることがとても大切となります。そうするためにはどうしたらいいのでしょうか。高齢者の支援をする際には、訪問介護やデイサービス、グループホームなど、様々な制度やサービスを利用します。その際に、この人にはこのサービスが良いだろうと、支援者や家族が高齢者本人に相談せず勝手に判断してサービスを選択したとします。その場合、高齢者本人の意思を無視してしまうため、高齢者は望んでいないような生活を送らなければならない状態になる可能性があります。そのような高齢者の心を無視した支援では、その人らしい生活を送ることができなくなってしまいます。そのため、高齢者が自らサービスを選択できるように、いくつかの選択肢を出し、それぞれ高齢者が理解できるように説明することが重要です。

このように、高齢者介護において、高齢者の希望や気持ち、心を尊重することが何よりも大切となります。高齢者の心を無視してしまっては、残りの人生が苦痛となり、充実した生活を送ることはできません。苦痛で終わる人生は誰だって嫌なものです。その人がどのように残りの人生を過ごしたいか、どのように死を迎えたいかをしっかり確認し、最後まで心に寄り添い、その人がその人らしく過ごせる支援が求められます。

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし