介護を行う家族のメンタルも大切

高齢者のメンタルケアも大切ですが、同じように気を付けたいのが介護を行う家族のメンタルケアです。家族を介護する場合、身体的・精神的な負担が多くなります。高齢者を介護する全員が、必ずしも他の家族や地域の協力を得られる訳ではありません。たった一人で介護を抱え込む人も多く、介護疲れは深刻な社会問題の一つとなっています。そして介護疲れを放っておくと、介護鬱や介護放棄などの問題に発展してしまう可能性が高くなります。大きな問題になる前に、上手くストレスを解消することが重要なのです。まず、介護を一つの仕事だと捉え、介護とプライベート間のオンオフの切り替えを上手く行いましょう。例えば、ホームヘルパー、デイサービスなどの高齢者支援サービスを利用すると、介護する時間を減らすことができます。

プロに介護を頼んでいる間は、友達と会ったり趣味に時間を費やすなど、介護から一旦離れ自分だけの生活を堪能しましょう。オンオフのメリハリをつけることは、作業効率やモチベーションの向上に繋がります。決してそこに罪悪感を感じることはありません。介護の時間を減らしたとしても、短時間で質の良い介護ができるようになるはずです。また、施設に短期入所するショートステイというサービスがあります。ショートステイを利用し、長期休暇を取ってみるのもおすすめです。在宅介護を選択したとしても、家族だけで介護を全てする必要はありません。プロのサービスを上手く活用し、介護から離れる時間を設けるようにしましょう。介護とプライベートな時間を分けることで、心に余裕が生まれ、優しい気持ちで介護に取り組めるようになるでしょう。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし